CATEGORY

近畿ブロックYEG

大東YEGフェスティバル(大東YEG)

地域の子どもたちに職業体験の場を創出とともに、YEGメンバーに事業が地域で知っていただく機会の創出。大東YEGが地域での存在感と影響力を高めるため主催となる新規イベントを立ち上げる。コロナ禍の今、行政主体ではなかなか思い切った企画ができない今、我々中小企業集団だからこそ立ち止まらずに前進していく事業を実施。地域内で影響力を高め今後のYEG活動が地域への影響力を高める

【登録期間再延長】第40回近畿ブロック大会紀州たなべ大会の登録期間再延長(9/16迄)

第40回近畿ブロック大会紀州たなべ大会につきまして、登録期間を当初の予定より延長して9月9日までとさせていただきましたが、一部の分科会を除き、9月16日(金)まで登録期間を再度延長させていただくことになりました。 つきましては、登録期間延長にともない、より多くのメンバーの方々にご参加いただきますよう、引き続きのお声かけと一人でも多くのご登録を賜りますよう、お願い申し上げます。

【登録延長】第40回近畿ブロック大会紀州たなべ大会の登録期間延長(9/9迄)

この度は第40回近畿ブロック大会紀州たなべ大会へ多数のご登録をいただき、誠にありがとうございます。 さて、大会登録の締め切りを8月28日までとしておりましたが、より多くの皆様を本大会にお迎え致したく、9月9日(金)まで登録期間を延長させていただきます。 つきましては、ご多忙のところ誠に恐縮ではございますが、一人でも多くの皆様のご参加を賜りますよう、お願い申し上げます。

Maizuruアンブレラプロジェクト(舞鶴YEG)

約2年間、私たちの活動の根源でもある交流が新型コロナウイルス感染症により中止や規模の縮小などとこれまで経験のしたことがないことが起こっていました。これは、私たちだけではなく、時間が限られている学生の皆さんも一緒だと思います。 そこで、今回の取り組みは、地元の学生さんと共に、上を向いて歩んでいこうという想いを込めた「Maizuruアンブレラプロジェクト」を企画しました。

【開催報告】⼤東市に新しい⾵会議 〜このまちの未来を⼀緒に考える〜(大東YEG)

7月18日(月・祝)は大東YEGとしては初めての試みとなる「#風会議」を開催し、大東市役所の方々とディスカッションさせていただきました。18年前に居酒屋で始まったのがきっかけと言われる公務員の方々とYEGメンバーの意見交換会。富樫委員長をはじめとする日本YEG政策提言委員会の皆さまの多大なる協力のもと、日本全国あらゆる場所で行われていた事業をようやく大東市でも開催することができました。

公開事業「テクノロジーが切り拓く未来社会~変わりゆく時代、私たちは何をするべきか~」(吹田YEG)

2025年には日本国際博覧会、通称「大阪・関西万博」が開催されます。「未来社会の実験場」をコンセプトに、空飛ぶクルマをはじめ、次世代モビリティやカーボンニュートラル、デジタル技術などの実証、実装の実験が進められ、SDGsへの取り組みや最新テクノロジー活用による社会課題の解決にむけたモデルが発信されるとのことで、地域経済・地域社会の発展を考える上でたいへん注目されています。 そこで、10月公開事業では、第一部において、講師として、大阪・関西万博テーマ事業プロデューサーを務める落合陽一氏をお招きし、『テクノロジーが切り拓く未来社会~変わりゆく時代、私たちは何をするべきか~ 』と題して講演を賜り、第二部において、最新テクノロジーが日本にどのように変化をもたらすか、また地域の発展のためにどのように活用することができるのか考察するため、吹田市をモデルケースにしたパネルディスカッションを行います。