国際ビジネス委員会事業『急成長続けるASEAN、タイ・シンガポール・マレーシアを深堀りしよう』登録受付中(12/23迄)

令和4年度国際ビジネス委員会では、年間を通じて「1人でも多くのYEGメンバーが海外進出に興味を持ってもらいたい、海外進出を志してもらいたい。」という想いを念頭に事業を開催して参りました。今回はタイ・シンガポール・マレーシアについての学びを深め、実 際に海外へ進出することをサポートしてくださる団体の方々をお招きし、海外進出に興味を持つ、或いは進出を考えているYEGメンバーが質問・交流できる機会を創出し、国際ビジネスをより身近に捉えてもらうことを目的とします。

鳥取YEG高校生ビジネスコンテスト(鳥取YEG)

未来の青年経済人の育成と高校生の柔軟な発想を活かした商品開発等の地域の経済活動の活性化を目的としたビジネスコンテスト 鳥取市の私立高校から3チーム、同じく鳥取YEGから3社の会員企業の参加を募り、マッチングし、それぞれの企業の経営課題解決の為のビジネスアイディアの創出を行った。

邪馬台国は阿波だった!?映画少女H上映制作事業(徳島YEG)

未だ論争が続く「邪馬台国」に一石を投じた「邪馬台国阿波説」に着目し、数々の史跡や古代か ら今に伝わる郷土が誇るべき文化を多くの人に知ってもらう事を目的に第 1 回卑弥呼フェスを令和元年度に開催、多くの来場者で賑わった。その後、コロナ禍により活動が制限される中、令和 2 年度には第2 回卑弥呼フェスとして、邪馬台国阿波説を題材とした青春映画「少女H」を制作。 令和 3 年 3 月の#徳島ニューノーマル映画祭でのオープニング作品上映を経て、令和 4 年 2 月 11 日(土)に完成披露上映会を開催した。

のだけわくわくランド(大村YEG)

大村YEGは、大村市の市民憲章にうたわれる「水と緑と花につつまれたまちづくり」を 推進するため、一人一花運動推進事業を設立当初より活動しております。 「グリーンツーリズムおおむら お花ミーティング」や「長崎空港花いっぱい事業」、 「お華deスマイルカレッジ」など、時代の移り変わりとともに様々なテーマをもって形を変えながら、この「一人一花運動推進事業」を続けております。 自然の豊かさを推進・維持する一人一花運動は、 昨今、注目を浴びているSDGs(持続可能な開発目標)にもあてはまる事業であると考え、 今年度は、大村市の自然溢れる野岳湖公園で、『一人一花運動∞SDGsで笑顔満開』をテーマに、参加者が花と自然に触れながら、一人一花運動やSDGsを楽しく体験できる事業 「のだけわくわくランド」を開催しました。

いいとこ白山鉄道まつり2022(白山YEG)

白山市は、全国でも珍しい「新幹線、在来線、民間鉄道という3種類の車両基地が同じ市にある」という特徴があります。また、当市内にある「白山総合車両所」は、全国で6つしかない新幹線の総合車両基地の1つであり、最新の設備を備えた日本有数の総合車両基地でもあります。 しかしながら、そのような稀有な特徴や魅力は、ほとんど誰にも知られることなく、埋もれている状況でした。 そこで、白山YEGは、2017年度に当単会として初めての政策提言書となる「『鉄道のまち白山』を活用した賑わい創出策~将来世代のために我々がやるべき一歩」を作成し、白山市に提出しました。そして、これが大きなきっかけとなり、白山市は「鉄道のまち白山」の目玉の観光施設である「ビジターセンター」を白山総合車両所の隣に設け、2024年春の開業を目指すことになります。 前年度には、コロナ禍の中でも少しずつ「鉄道のまち白山」の機運を高め、政策提言書で提言していた「鉄道まつり」を初めて開催しました。悪天候にもかかわらず、約1,000人の来場者があり、改めて賑わいを創出するための資源としての「鉄道のまち白山」に、大きな魅力を感じた1日でした。