サイトについて | 広告バナーの掲載について

故郷の新しい風・総括

故郷の新しい風・総括

 國枝会長が掲げる「地域が創る日本の未来 故郷の新しい風YEG」このスローガンに込められた想いを凝縮したともいえる「故郷の新しい風・総括」は平成18年度の特別委員会の地域創造・支援委員会とYEG改革推進会議の活動報告と発表から始まり、ソフィアバンク代表、多摩大学大学院教授 田坂広志氏の講演『荒海に漕ぎ出す「勇気」と時代の風をとらえる「センス」若き企業家が、この国を変える』と続きました。

 この講演の中で田坂教授は我々若き企業家に対して三つの変革を訴えました。第一の変革は「企業中心市場」を「顧客中心市場」に。第二の変革は「知識社会」を「共感社会」に。第三の変革は「営利追求企業」を「社会貢献企業」にというものでした。

 続けて田坂教授は、我々は現在の世界で「最も恵まれた人間」であり自覚すべき五つの条件がある。「第一 半世紀以上戦争の無い平和な国」「第二 世界第二位の経済力の国」「第三 最先端の科学技術が開花した国」「第四 医療が発達した健康長寿の国」「第五 国民の大半が高等教育を受けられる国」と説き、この類まれな恵まれた人間が自覚すべき「義務」がある。「義務」を言い換えるならば「使命」であり「使命」=「志」を抱きながら「三つの変革」通してわが国における資本主義の在り方」を変えることこそ我々若き企業家の成すべき事だと私達に熱く語ってくれました。

 最後にステージに立った後藤議長は「気付きがあっても行動を起こさなければ駄目だ。自分を信じること→自信、地域を信じること→地信、自信と地信の二つが大切だ」と訴え「あなたの起こす小さな風が 地域を変える」と結びました。客席の聴講者全員で肩を組みながらYEG宣言を唱和した時は熱いものがこみ上げてきました。

広報委員会副委員長 静岡県 富士YEG 吉川 隆裕