30周年特別委員会

30周年特別委員会

担当副会長 加倉井 巧    
委員長 串橋 伸幸    
理事 小泉 貴靖 浦谷 宏信 寺山 智久
東 靖雄 上原 尚広 古閑 謙士
宮内 吉和 池田 潤 平木 実
委員 山 彰則 山田 昌彦 蔵谷 一樹
押尾 朱美 安東 毅 大西 可人
山本 清美 北口 准一 西村 昌也
安里 政晃    

1. 基本方針

時代の変化と共に、社会の仕組みや価値観が大きく変わり始めている今、YEGわれわれに求められているものは何でしょうか。大きな節目ともいえる創立30周年を迎える日本YEGは「新しい時代に即した青年経済団体」に進化出来るよう、過去を検証し新たな存在価値の創造に取り組む必要があります。
閉塞した時代を切り開くには、新しい時代のメカニズムを多彩な視点で振り返り、YEGの強みに磨きをかける事が次のビジョンを創造し、実現を図るため重要だと考えます。
我々は自らの手で創出を図りYEG一揆の下、次代への先導者としてYEGの意義の確立に努める事が必要不可欠であります。明日の日本の為に、全国402単会 約28,000名の同志と共に、更なる価値を見いだせる連合会からの飛躍を目指し、新しい日本YEGを創造し活動いたします。

2.事業計画

(1)規約、定款の検証並びに改善
(2)理事・専門委員の責務の妥当性確認
(3)全国組織として過去から現在までの問題点の妥当性確認
(日本YEG会長選出方法・ブロック大会運営方法)
(4)中長期での全国組織としての存在意義とビジョンの構築
(5)春の会長会議の企画・運営
(6)30周年記念事業
(7)委員会事業の記録

3.委員会スケジュール

  • 委員会は原則として役員会開催時に併設して行います。
  • 検討事項は、YEGオフィシャルグループウェア「エンジェルタッチ」(略称:AT)を利用して行うものとします。
  • その他必要に応じて委員会を開催することがあります。

4.その他

↑ページトップ