歴史・沿革

全国大会の歩み

○ 昭和56年〜昭和60年

第1回全国大会〈前橋大会〉1981年

開催地:群馬県前橋市(群馬県民会館・前橋商工会議所会館)
開催日:昭和56年11月11日(水)
主 管:前橋商工会議所青年部
参加者:145商工会議所青年部 695名

「行動する商工会議所に若い力を」 をスローガンに、 全国で初めての商工会議所青年部の全国大会である本大会で、 「商工会議所青年部の全国組織化を図れ」 との提案があり、 参加者全員の総意で採択された。 これを受けて、 全国9ブロックの青年部の代表25人で構成する「全国組織化推進委員会」 を日商内に設置し、 全国組織化の必要性、 連合会が行う事業等について検討することになった。 また、 本大会では同時に「中小企業事業承継税制」 についての要望を決議し、 関係機関に要望した。

第2回全国大会〈高岡大会〉1982年

開催地:富山県高岡市(高岡商工会議所・高岡問屋センターホール)
開催日:昭和57年10月29日(金)
主 管:高岡商工会議所青年部会
参加者:138商工会議所青年部 782名

「若い力を結集し、 商工会議所に新たな飛躍ををスローガンとした第2回の本大会に併せて全国商工会議所青年部連合会の結成大会が開催され、 「全国組織化推進委員会」 で検討してきた連合会の規約、 事業計画、 収支予算等が承認された。 この結果、 商青連が58年4月1日に正式に発足することになった。 また、 「これを契機に全国青年経済人の連絡、 連携を一層緊密にし、 次代の地域経済の担い手として、 また新しい時代のまちづくりのリーダーとなるよう、 研鑽を積むとともに、 われわれ青年部の活動を通じて商工会議所の組織・運営の強化に寄与する」 との大会宣言を採択した。

第3回全国大会〈大分大会〉1983年

開催地:大分県大分市(大分県立総合体育館)
開催日:昭和58年11月11日(金)
主 管:大分県商工会議所青年部連合会
参加者:114商工会議所青年部 757名

全国商工会議所青年部連合会が58年4月に発足して初の全国大会となった本大会は、 「拡げよう 若い力を全国に」 のスローガンのもとに、 「青年部活動と企業の発展」 「商工会議所活動と青年部」 などをテーマに全国9ブロックで開催された運営研究会の集大成として、 企業とその存立基盤である地域の発展のために何をなすべきか等について研究した。 また、 本大会に先立ち、 当日は第1回の会員総会も開催された。

第4回全国大会〈水戸大会〉1984年

開催地:茨城県水戸市(茨城県立県民文化センター)
開催日:昭和60年3月18日(月)
主 管:茨城県商工会議所青年部連合会
参加者:160商工会議所青年部 1,335名

「つくば科学万博」 を通して青年が担う21世紀を展望したいとの考えから、 開催日程を通常10月あるいは11月頃であったものを、 科学万博に合わせて3月とし、 さらに当日は会員総会を開かず、 全国大会のみに絞って内容を充実させた。 また本大会を契機に、 全国大会を盛り上げるため、 青年部の団結のシンボルである「商青連旗」 を作成した。

第5回全国大会〈福井大会〉1985年

開催地:福井県福井市(フェニックス・プラザ)
開催日:昭和60年11月9日(土)
主 管:福井商工会議所青年部
参加者:160商工会議所青年部 1,190名

大会会場となったフェニックス・プラザは、 福井県の文化・情報施設として新設されたもので、 本大会は、 そのこけらおとしとして開催された。 商青連では福井市での第5回大会を記念し、 全国各地の青年部に県木、 市木等の寄贈を仰ぎ、 これら89本を敷地内に植樹して、 これを「商青連の森」 と命名するとともに福井市へ寄贈した。 これに対し、 福井市長から商青連に感謝状が贈られた。

○ 昭和61年〜平成2年

第6回全国大会〈福島大会〉1986年

開催地:福島県福島市(福島県文化センター)
開催日:昭和61年10月18日(土)
主 管:福島県商工会議所青年部連合会
参加者:162商工会議所青年部 1,408名

本大会の席上で、 青年部の部員相互の連帯と意識の高揚を図り、 青年部活動を広くPRすることを目的に製作した「商工会議所青年部の歌(伸びゆく大地)」 が披露された。 歌詞は一般公募により、 全国各地から寄せられた44点の作品の中から選ばれたもので、 福山商工会議所(広島県)の事務局員・石井耕二氏の作品。 また、 これと併せ、 商青連が62年度に設立から5年目を迎えることから、 その記念事業(アメリカ、 カナダへの研修視察団の派遣)も発表された。

第7回全国大会〈沖縄大会〉1987年

開催地:沖縄県沖縄市(沖縄市民会館)
開催日:昭和62年11月7日(土)
主 管:沖縄県商工会議所青年部連合会
参加者:197商工会議所青年部 1,538名

沖縄県の祖国復帰15周年という節目の年に開かれた本大会では、 新しい試みとして大会前日に「同業種交流会」 を、 また当日は、 「世界経済の中で日本の果たせる役割」 をテーマとしたパネルディスカッションを開催した。 さらに、 大会後にはその記念事業として商青連の組織拡充と会員相互の交流と連帯を深めることを目的に、 商取引の手引書ともいえる「全国商工会議所青年部名簿」(B5判、 393ページ)が作成された。

第8回全国大会〈山口大会〉1988年

開催地:山口県山口市(山口県スポーツ文化センター)
開催日:昭和63年11月17日(木)〜18日(金)
主 管:山口県商工会議所青年部連合会
参加者:215商工会議所青年部 2,150名

商青連が昭和58年4月の設立から満5年を迎えた記念すべき年に、 明治維新の地・山口で開催された本大会は、 これまでとは違って、 2日間にわたって開催され、 初日に懇談会(懇親会)を、 2日目に式典と記念講演会が行われた。 特に今回の登録者数は、 大会史上初の2千人の大台を越え、 2,150人となった。 また記念講演会には一般市民にも参加枠を広げたため、 地元の高校生も参加した。

第9回全国大会〈高知大会〉1989年

開催地:高知県高知市(高知ぢばさんセンター)
開催日:平成元年11月16日(木)〜17日(金)
主 管:高知県商工会議所青年部連合会
参加者:209商工会議所青年部 1,691名

前夜祭として開催した分科会はいずれも好評であった。 特に坂本龍馬蠡分科会は100名を越える参加者があった。 拡げよう友情の輪、 創ろう新時代の日本のスローガンのもとに開催され、「綱領」 「指針」 を掲げた初めての大会でもあった。 式典の中で、 参加いただいた青年部紹介を県単位でスライド利用により時間を短縮化し、また本県出身で三菱電機相談役進藤貞和氏より特別講話をお願いした。

第10回全国大会〈浜松大会〉1990年

開催地:静岡県浜松市(グランドホテル浜松)
開催日:平成2年11月16日(金)〜17日(土)
主 管:静岡県商工会議所青年部連合会
参加者:247商工会議所青年部 2,513名

全国大会も今回で10回目という節目の年。 世紀末の10年(1990年)に向かい、 経済・産業の発展にかける決意を新たにした。特に今大会の目玉は、 米国の未来学者アルビン・トフラー氏を迎えての国際講演会。 権力構造において軍事力や資本力から、 知性や感性がリードしていく時代に移行することについて熱弁を振った。 くしくもこの年8月、 イラクがクウェートに侵攻するという国際的大事件が起きており、 約70分に及ぶ講演内容は2,600人の聴衆に強い衝撃を与えた。

○ 平成3年〜平成7年

第11回全国大会〈松江大会〉1991年

開催地:島根県松江市(島根県民会館・松江市総合体育館)
開催日:平成3年11月15日(金)〜16日(土)
主 管:島根県商工会議所青年部連合会
参加者:238商工会議所青年部 2,234名

「次代を先駆ける賢明なるYEG(若き企業家集団)たらん」 のスローガンのもと、 11月15日、 16日の2日間にわたり開催された本大会は、 来るべき21世紀への「新世紀ネットワーク」 結成の出発点とするべく、 「神在月(かみありづき)ネットワーク・イン松江」 を基本コンセプトとし、 ヒューマンネットワークづくりを目指した。 また、 神話のふる里、 神々の国出雲を全面に打ち出した本大会は、 「地方の時代」 を象徴する大会となった。

第12回全国大会〈山形大会〉1992年

開催地:山形県山形市(山形市総合スポーツセンター)
開催日:平成4年11月6日(金)〜7日(土)
主 管:山形県商工会議所青年部連合会
参加者:243商工会議所青年部 2,402名

商青連設立10年目の記念大会となった大会は、 「地域におこせ新しい風トレンド・熱い風トレンド」 のスローガンのもと、 山形弁研究家であるダニエル・カール氏を特別ゲストに10年記念の地球討論会(基調講演〜4分科会)で開幕した。 翌7日には、 評論家・佐高信氏による「いま企業に求められるもの」 と題した記念講演と式典が行われた。 式典では、 YEGの今後の指針となるべき山形宣言が発表されて記念大会に花を添え、 式典終了後、 山形県連メンバーの手による「山形名物大芋煮パーティー」 で閉幕した。

第13回全国大会〈津大会〉1993年

開催地:三重県津市(メッセウイングみえ)
開催日:平成5年11月12日(金)〜13(土)
主 管:三重県商工会議所青年部連合会
参加者:290商工会議所青年部 3,152名

本大会は「変革の時 今−YEGが未来を築く」 のスローガンのもと、 はじめて3,000人を超える参加となった。 南米等に農場を経営する赤塚植物園や肉まん、 あんまんでおなじみの井村屋製菓への視察研修をはじめ、 OBサロン等による交流促進、 吉本興業社長の中邨秀雄氏による記念講演「笑いの原点・商いの原点」 等を実施した。 この中で中邨社長は人材育成の重要性とYEGネットワークの可能性を指摘し、 今後の青年部活動に期待を示し

第14回全国大会〈長崎大会〉1994年

開催地:長崎県長崎市(長崎県立総合体育館)
開催日:平成6年11月25日(金)〜26日(土)
主 管:長崎県商工会議所青年部連合会
参加者:285商工会議所青年部 2,943名

「明日への創造 地域に挑むYEG」 のスローガンのもと、 本大会ではYEGの全国的ネットワークを活かしたカタログや見本品の配布、 商談会等を展開するビジネス交流プラザを開催し、青年部会員企業のビジネス情報の交換を支援した。 また、 最新鋭の造船設備を誇る三菱重工業長崎造船所の企業視察や日本を代表するテーマパークであるハウステンボス社長の神近義邦氏による記念講演「ハウステンボスのアジア戦略」 を実施した。

第15回全国大会〈大宮大会〉1995年

開催地:埼玉県大宮市(大宮ソニックシティ)
開催日:平成7年11月16日(木)〜17日(金)
主 管:埼玉県商工会議所青年部連合会
参加者:316商工会議所青年部 3,895名

本大会は商青連の「YEG連携事業」 の提唱並びに「研け感性、 拡げよフィールド YEG連携時代」 のスローガンのもと、 YEGの全国的なネットワークを活用して「YEGビジネス交流プラザ」 「YEG全国まちおこし物産展」 「米国ペンシルベニア州国際交流展示会」 等を展開した。 また、 冒険家の風間深志氏、 アライヘルメット社長の新井理夫氏、 音楽家の宇崎竜童氏、 俳優の根津甚八氏など多彩な講師による記念講演等を行った。

○ 平成8年〜平成12年

第16回全国大会〈奈良大会〉1996年

開催地:奈良県奈良市(奈良市中央体育館)
開催日:平成8年11月15日(金)〜16日(土)
主 管:奈良県商工会議所青年部連合会
参加者:315商工会議所青年部 2,821名

本大会は商青連の「YEG連携事業」 の提唱並びに「人が接点 地域が原点 今、 拡げようYEG連携」 のスローガンのもと、 青年部の全国ネットワークを活かしたビジネス交流プラザや全国まちおこし物産展等を実施した。 また、 インターネットの商用利用、 ホームページの開設等を展開し、 全国大会の模様をインターネットを通じて全国に同時中継した。

第17回全国大会〈徳島大会〉1997年

開催地:徳島県徳島市(アスティとくしま)
開催日:平成9年11月21日(金)〜22日(土)
主 管:徳島県商工会議所青年部連合会
参加者:310商工会議所青年部 2,650名

本大会は商青連の「YEG連携事業」 の促進並びに「『直接交流・直接実感』連携そして共生へ YEG新たなる出発」 のスローガンのもと、 青年部の全国ネットワークを活かしたビジネス交流プラザや全国まちおこし物産展等を実施した。 また、 徳島の地元企業4社(ジャストシステム、 大塚製薬工場、 日亜化学工業、 河野メリクロン)を訪問し、 世界戦略をテーマとした講演や視察を行った。

第18回全国大会〈青森大会〉1998年

開催地:青森県青森市(青森市文化会館)
開催日:平成10年11月6日(金)〜7日(土)
主 管:青森県商工会議所青年部連合会
参加者:318商工会議所青年部 2,963名

本大会は「果敢に行動 リンクして感動 YEGネットワーク」のスローガンのもと、「日本の鼓動が響きあう、縄文の森YEG」を開催地キャッチフレーズに、石原慎太郎氏の記念講演をはじめ、「共生のカタチ、共感の青い森」をテーマとした当地青森の文化・産業を探求する分科会やビジネスチャンスの場を提供するビジネス交流プラザやYEG全国まちおこし物産展等を実施した。

第19回全国大会〈新潟大会〉1999年

開催地:新潟県新潟市(新潟市産業振興センター)
開催日:平成11年11月12日(金)〜13日(土)
主 管:新潟県商工会議所青年部連合会
参加者:388商工会議所青年部 3,165名

本大会は「アントレプレナーズスピリッツ 今起こそう、経済維新の風」のスローガンのもと、「万感の思いをこめて、いま、純白しろの里から」を開催地キャッチフレーズに、田中眞紀子氏の記念講演をはじめ、開催地新潟の文化・産業を探求する分科会や、アントレプレナーズ委員会によるビジネスチャンスの場を提供するビジネス交流プラザやYEG全国まちおこし物産展等を実施した。

第20回全国大会〈鹿児島大会〉1999年

開催地:鹿児島県鹿児島市(鹿児島市民文化ホール) 
開催日:平成12年11月17日(金)〜18日(土)
主 管:鹿児島県商工会議所青年部連合会
参加者:333商工会議所青年部 3,078名

本大会は「地域をむすぶ、時代をつなぐYEG 新未来創造宣言!」のスローガンのもと、「まんまる鹿児島」を開催地キャッチフレーズに、法務大臣(当時)保岡興治氏の記念講演をはじめ、評論家田原総一郎氏による講演会、開催地鹿児島の文化・産業を探求する分科会や、アントレプレナーズ委員会によるビジネスチャンスの場を提供するビジネス交流プラザやYEG全国まちおこし物産展等を実施した。

○ 平成13年〜平成17年

第21回全国大会〈小田原・箱根大会〉2001年

開催地:神奈川県小田原市・箱根町(小田原市総合文化体育館 小田原アリーナ)
開催日:平成13年11月8日(木)〜9日(金)
主 管:神奈川県商工会議所青年部連合会
参加者:357商工会議所青年部 3,568名

本大会は「連携YEG 実践展開 バーチャルからリアルへ」のスローガンのもと、「ご縁満開」を開催地キャッチフレーズに、参議院議員近藤剛氏の記念講演をはじめ、YEGビジネスフォーラム21、商い塾、YEG全国まちおこし物産展等を実施した。また、記念式典に際して、内閣総理大臣小泉純一郎氏からメッセージが寄せられた。

第22回全国大会〈大阪大会〉2002年

開催地:大阪府守口市・門真市(なみはやドーム)
開催日:平成14年11月8日(金)〜9日(土)
主 管:大阪府商工会議所青年部連合会
参加者:375商工会議所青年部 4,502名

商青連設立20周年の記念大会となった本大会は、「立ち止まるな!そして胸を張れ!YEGs,beambitious!」のスローガンのもと、「なにわ楽あり」を開催地キャッチフレーズに、読売巨人軍終身名誉監督長島茂雄氏の記念講演をはじめ、開催地大阪ならではの多種多様な分科会、ビジネス交流プラザ「大阪ビジ楽フェスタ」、YEG全国まちおこし物産展等を実施した。

第23回全国大会<米子大会>2003年

開催地:鳥取県米子市(米子コンベンションセンター)
開催日:平成15年11月6日(木)〜8日(土)
主 管:鳥取県商工会議所青年部連合会
参加者:350商工会議所青年部 3,018名

本大会は、『「環日本海交流新時代」〜逆転の発想・5つの転〜転機・転向・転生・好転・逆転』のスローガンのもと、「とっとりに来たろう」を開催地キャッチフレーズに、ジャーナリストの筑紫哲也氏および鳥取県知事の片山善博氏の記念講演をはじめ、YEGビジネス交流プラザ、まちおこし物産展等を実施した。また、記念式典に際して、大韓民国前大統領の金大中氏からメッセージが寄せられた。

第24回全国大会<北海道・帯広大会>2004年

開催地:北海道帯広市(帯広市民文化ホール・とかちプラザ)
開催日:平成16年11月4日(木)〜6日(土)
主 管:北海道商工会議所青年部連合会
参加者:341商工会議所青年部 3,181名

本大会は、「五感に響く北大地」のスローガンのもと、「蝦夷は、なまらえ〜ぞ〜」を開催地キャッチフレーズに、経済産業大臣の中川昭一氏が現職大臣としては初めて来賓出席したほか、作家の倉本聰氏の記念講演をはじめ、ビジネス交流パーク、ふるさと自慢・味自慢物産展等を実施した。

第25回全国大会<愛知大会>2005年

開催地:愛知県豊田市(豊田スタジアム)
開催日:平成17年7月7日(木)〜10日(日)
主 管:愛知県商工会議所青年部連合会
参加者:368商工会議所青年部 5,107名

本大会は、「愛・き・わ・み」のスローガンのもと、「あなたに逢いたい!愛、知る愛知で」を開催地キャッチフレーズに、史上最高の登録数を得て、国際性をテーマに据え、日本国際博覧会「愛・地球博」と時期をあわせて開催した。トヨタ自動車専務取締役の岡部聰氏の記念講演をはじめ、グローバルビジネス交流プラザ、全国まちおこし物産展等を実施した。

○ 平成18年〜平成22年

第26回全国大会 <大分大会>2006年

開催地:大分県大分市(大分文化会館)・別府市(別府ビーコンプラザ)
開催日:平成18年11月9日(木)〜12日(日)
主 管:大分県商工会議所青年部連合会
参加者:352商工会議所青年部 3,577名

本大会は、「Love&Earth 〜YEGの恵みと大地の恵み〜」のスローガンのもと、「元気な九州!出会いがおおいた!」を開催地キャッチフレーズに、日本生命保険相互会社会長の宇野郁夫氏および丸紅株式会社会長の辻亨氏の記念講演をはじめ、故郷の新しい風フォーラム、ビジネス交流会、大分うまいもの物産展等を実施した。

第27回全国大会 千葉大会 2007年

開催地:千葉県千葉市(幕張メッセ)
開催日:平成19年11月15日(木)〜18日(日)
主 管:千葉県商工会議所青年部連合会
参加者:商工会議所青年部 3,380名

本大会は、「千葉発見伝 〜故きを温ねて新しきを千葉で知る〜」のスローガンのもと、「故きを温ねて新しきを千葉で知る」を開催地キャッチフレーズに、衆議院議員の小池百合子氏の記念講演をはじめ、各地での多彩な分科会、YEGビジネス交流プラザ、千葉うまいもの物産展等を実施した。

第28回全国大会 びわ湖大津大会 2008年

開催地:滋賀県大津市(びわ湖ホール)
開催日:平成20年11月6日(木)〜9日(日)
主 管:滋賀県商工会議所青年部連合会
参加者:商工会議所青年部 3,812名

本大会は、「人によし、街によし、未来によし 〜YEG賑わいへのみち〜」のスローガンのもと、「湖来路でつなぐ商人道」を開催地キャッチフレーズに、ジャーナリストの田原総一朗氏の記念講演をはじめ、ビジネス交流会、ビジネス交流プラザ、びわ湖商人道市等を実施した。

第29回全国大会 えひめ松山大会 2009年

開催地:愛媛県松山市(ひめぎんホール)
開催日:平成22年3月4日(木)〜7日(日)
主 管:愛媛県商工会議所青年部連合会
参加者:357商工会議所青年部 3,969名

本大会は、「笑心(えがお)」のスローガンのもと、「夢を語ろう!愛ある愛媛で!」を開催地キャッチフレーズに、元東京ヤクルトスワローズ監督の古田 敦也氏およびスポーツジャーナリストの二宮 清純氏の記念講演をはじめ、笑心のフォトコンテスト、ビジネス交流会、物産展等を実施した。

第30回全国大会 みやぎ仙台大会 2010年

開催地:宮城県仙台市(仙台体育館)
開催日:平成23年2月17日(木)〜20日(日)
主 管:宮城県商工会議所青年部連合会
参加者:356商工会議所青年部 4,007名

本大会は、「伊達に華やげ 千代に続け 愛する地域のために」のスローガンのもと、「伊達にいってみよう!」を開催地キャッチフレーズに、日本サッカー協会キャプテンの川淵三郎氏の記念講演をはじめ、YEGとしての環境問題への取組みのプレゼンテーション、ビジネス交流会、物産展等を実施した。

○ 平成23年〜

第31回全国大会 越中富山大会 2011年

開催地:富山県富山市(富山市芸術文化ホール)
開催日:平成24年2月16日(木)〜19日(日)
主 管:富山県商工会議所青年部連合会
参加者:商工会議所青年部 4,637名

本大会は、「YEG一揆」のスローガンのもと、「狼煙を上げよ 先用後利の越志の国から」を開催地キャッチフレーズに、ジャーナリストの櫻井よしこ氏の記念講演をはじめ、各地での多彩な分科会、業種別交流会、物産展等を実施した。

第32回全国大会 おきなわ那覇大会 2012年

開催地:沖縄県那覇市(沖縄セルラースタジアム)
開催日:平成25年3月7日(木)〜10日(日)
主 管:沖縄県商工会議所青年部連合会
参加者:商工会議所青年部 5,019名

本大会は、「INNOVATION」のスローガンのもと、「時代来たり!集え!万国津梁の邦へ!」を開催地キャッチフレーズに、吉本興業株式会社の代表取締役 大洋氏の記念講演をはじめ、日本YEG30周年記念特別対談、業種別部会、物産展等を実施した。

第33回全国大会 とちぎ宇都宮大会 2013年

開催地:栃木県宇都宮市(栃木県体育館)
開催日:平成26年2月20日(木)〜23日(日)
主 管:栃木県商工会議所青年部連合会
参加者:商工会議所青年部 4,700名超

本大会は、「交わりがおりなす新たな創造!」のスローガンのもと、「集え!八州鎮守の地とちぎへ!」を開催地キャッチフレーズに、歴史家・作家の加来耕三氏の記念講演をはじめ、宇都宮商工会議所120周年記念 共同事業、業種別部会、物産展等を実施した。

第34回全国大会 京都大会 2014年

開催地:京都府京都市(京都勧業館みやこめっせ)
開催日:平成27年2月19日(木)〜22日(日)
主 管:京都府商工会議所青年部連合会
参加者:商工会議所青年部 7,000名超

本大会は、「YEG INNOVATION!!〜躍動Yakudou、縁結Enketsu、"我地力"Gachijikara〜」のスローガンのもと、「今日(京)が始まり!伝統と進取果敢の都から!」を開催地キャッチフレーズに、小説家・放送作家の百田尚樹氏の記念講演をはじめ、ビジネス、交流、家族各種事業、業種別部会、物産展等を実施した。

全国大会・会長研修会

56.11.11 第1回全国大会(群馬県前橋市)
57.10.29 第2回全国大会(富山県高岡市)
58.4. 1 全国商工会議所青年部連合会発足
58.11.1 第3回全国大会、 第1回会員総会(大分県大分市)
58.2. 6-7 第1回中央研修会、第2回会員総会(25日)(東京都港区)
59.11.25-26 第2回中央研修会(東京都文京区)
60.3.18 第4回全国大会(茨城県水戸市)
60.11.9 第5回全国大会、 第3回会員総会(福井県福井市)
60.11.25-26 第3回中央研修会、第4回会員総会(26日)(東京都千代田区)
61.10.18 第6回全国大会、 第5回会員総会(福島県福島市)
62.2.9-10 第4回中央研修会、第6回会員総会(10日)(東京都千代田区)
62.11.7 第7回全国大会、 第7回会員総会(沖縄県沖縄市)
63.2.8-9 第5回中央研修会、第8回会員総会(9日)(東京都千代田区)
63.11.17-18 第8回全国大会、第9回会員総会(17日)(山口県山口市)
1.2.9-10 第6回中央研修会、第10回会員総会(10日)(東京都新宿区)
1.11.16-17 第9回全国大会、第11回通常会員総会(17日)(高知県高知市)
2.2.6-7 第7回中央研修会、第12回通常会員総会(7日)(東京都千代田区)
2.11.15-16 第10回全国大会、第13回通常会員総会(15日)(静岡市浜松市)
3.02.6-7 第8回中央研修会、第14回通常会員総会(7日)(東京都千代田区)
3.11.6-7 第11回全国大会、第15回通常会員総会(6日)(島根県松江市)
4.2.9-10 第9回中央研修会、第16回通常会員総会(10日)(東京都千代田区)
4.11.12-13 第12回全国大会、第17回通常会員総会(12日)(山形県山形市)
5.2.8-9 第10回中央研修会、第18回通常会員総会(9日)((富山県富山市)
5.11.25-26 第13回全国大会、第19回通常会員総会(25日)(三重県津市)
6.2.22-23 第11回中央研修会、第20回通常会員総会(23日)(神奈川県小田原市)
6.11.25-26 第14回全国大会、第21回通常会員総会(25日)(長崎県長崎市)
7.2.22-23 第12回中央研修会、第22回通常会員総会(23日)(京都府京都市)
7.11.16-17 第15回全国大会、第23回通常会員総会(16日)埼玉県大宮市)
8.2.7-8 第13回中央研修会、第24回通常会員総会(8日)(和歌山県新宮市)
8.11.15-16 第16回全国大会、第25回通常会員総会(15日)(奈良県奈良市)
9.2.3-4 第14回全国会長研修会、第26回通常会員総会(4日)(北海道岩見沢市)
9.11.21-22 第17回全国大会、第27回通常会員総会(21日)(徳島県徳島市)
10.2.9-10 第15回全国会長研修会、第28回通常会員総会(10日)(静岡県掛川市)
10.11.6-7 第18回全国大会、第29回通常会員総会(6日)(青森県青森市)
11.2.9-10 第16回全国会長研修会、第30回通常会員総会(10日)(愛媛県今治市)
11.11.12-13 第19回全国大会、第31回通常会員総会(12日)(新潟県新潟市)
12.2.8-9 第17回全国会長研修会、第32回通常会員総会(9日)(岩手県花巻市)
12.11.17-18 第20回全国大会、第33回通常会員総会(17日)(鹿児島県鹿児島市)
13.2.8-9 第18回全国会長研修会、第34回通常会員総会(9日)(愛知県半田市)
13.11.8-9 第21回全国大会、第35回通常会員総会(8日)(神奈川県小田原市)
14.2.8-9 第19回全国会長研修会、第36回通常会員総会(9日)(福岡県久留米市)
14.11.8-9 第22回全国大会、第37回通常会員総会(8日)(大阪府守口市・門真市)
15.2.7-8 第20回全国会長研修会、第38回通常会員総会(8日)(千葉県柏市)
15.11.7-8 第23回米子大会、第39回会員総会(8日)(鳥取県米子市)
16.2.13-14 第21回全国会長研修会、第40回会員総会(14日)(福井県福井市)
16.11.8-9 第24回帯広大会、第41回会員総会(9日)(北海道帯広市)
17.2.18-19 第22回全国会長研修会、第42回会員総会(19日) (岡山県岡山市)
17.7.4-7 第25回愛知大会、第43回会員総会(7日)(愛知県豊田市)
17.11.11-12 東京サミット、第44回会員総会(12日)(東京)
18.2.17-18 第23回全国会長研修会、第45回会員総会(18日)(北海道登別市)
18.7.21-8.23 第46回会員総会(WEB総会)
18.11.9-12 第26回全国大会、第47回会員総会(12日)(大分県大分市)
19.2.16-17 第24回全国会長研修会、第48回会員総会(17日)(石川県加賀市)
19.8.25 東京サミット、第49回会員総会(東京)
19.11.15-18 第27回全国大会、第50回会員総会(16日)(千葉県千葉市)
20.2.8-9 第25回全国会長研修会、第51回会員総会(長崎県長崎市)
20.8.16-22 第52回会員総会(WEB総会)
20.11.7-8 第28回全国大会、第53回会員総会(滋賀県大津市)
21.2.20-21 第26回全国会長研修会、第54回会員総会(静岡県浜松市)
21.8.21-26 第55回会員総会(WEB総会)
21.11.26-28 第27回全国会長研修会、第56回会員総会(奈良県奈良市)
22.3.4-7 第29回全国大会、第57回会員総会(愛媛県松山市)
22.7.20-30 第58回会員総会(WEB総会)
22.11.25-27 第28回全国会長研修会、第59回会員総会(香川県高松市)
23.2.17-20 第30回全国大会、第60回会員総会(宮城県仙台市)
23.8.5-11 第61回会員総会(WEB)
23.11.10-12 第29回全国会長研修会、第62回会員総会(山形県米沢市)
24.2.16-19 第31回全国大会、第63回会員総会(富山県富山市)
24.8.3-9 第64回会員総会(WEB)
24.11.15-17 第30回全国会長研修会、第65回会員総会(三重県津市)
25.3.7-10 第32回全国大会、第66回会員総会(沖縄県那覇市)
25.8.2-8 第68回会員総会(WEB)
25.11.21-23 第31回全国会長研修会、第69回会員総会(熊本県水俣市)
26.2.20-23 第33回全国大会、第70回会員総会(栃木県宇都宮市)
26.8.1-7 第71回会員総会(WEB)
26.11.13-15 第32回全国会長研修会、第72回会員総会(新潟県新発田市)
27.2.19-22 第34回全国大会、第73回会員総会(京都府京都市)
↑ページトップ