注目の記事 PICK UP!

市長へ提言「BUYLOCALでシフト20億円!」和歌山YEGの挑戦



和歌山YEG(和歌山商工会議所青年部)は、和歌山市の経済活性化を目的とした「シフト20億円!BUY LOCALで地域内経済循環を活性化しよう!」と題する提言をまとめ、太田隆会長より尾花正啓市長へ提出いたしました。

和歌山YEGでは2018年度より「会員のための提言委員会」が組織され委員会メンバーを中心に政策提言の作成に取り組んでまいりました。200名を超える会員メンバーの大多数が和歌山市およびその近郊を商圏として事業を営んでいる事に着目し、地域内経済循環の活性化を大きなテーマとして設定するとともに、その実践策としてのBUY LOCALの提言へと至りました。

BUY LOCAL とは、地元事業者を優先し、あえて地元で買い物しよう、外食しようという地域経済の保護と活性化を目的とした経済キャンペーンです。例えば、チェーン店のファミレスでのランチを地元のレストランでのランチへ、WEB通販ではなく地元の本屋で本を購入するといった購買の選択です。

また、BUY LOCALをより実践しやすくするために、和歌山市民36万人が1人毎月500円を地元消費へ切り替えようと呼びかけています。そうするだけで、単純計算でも20億円以上の経済効果を生むことができ、加えてその先の雇用増加や更なる域内消費へと繋げることが可能になります。







この提言は、担当課である和歌山市商工振興課に加えて産業政策課、企画課、また親会の多大なる協力を得て提出に至りましたが、ここからがいよいよ実行へのスタートです。

 

現在、日本国内のみならず世界中で新型感染症による影響が広がっており、全国的にYEG活動も中止・延期を余儀なくされています。折しも、コロナウイルスの影響によりあらためて地元経済を守ることの重要性が再認識されており、このような時だからこそ、商工会議所の役割、「YEG」青年経済人としてすべきこと、できることに挑戦してまいりましょう!


和歌山YEGの取り組みは地元メディアにも大きく取り上げられております。

提言提出に関するニュース映像です。

和歌山商工会議所青年部(和歌山YEG)さんの投稿 2020年3月20日金曜日

わかやま新報 ONLINE NEWS

和歌山YEGホームページ




関連記事

  1. 「つやまビジネスEXPO 2019」開催(岡山県連津山YEG)

  2. 新潟・山形を中心とした地震について

  3. YEG34,000人をつなぐ「ビジネス交流会」登録受付スタート

  4. 九州ブロック大会 登録最終締め切りは10/25(金)迄

  5. 【メディア掲載】キャッシュレス決済導入推進 全国大会実行委員会

  6. キャッシュレスアンケートのお願い

  7. 東海ブロック大会登録締切迫る(8/6迄)

  8. 【YEGの日】『第19回ジュニアエコノミーカレッジ in あいづ』 表彰式・納税式(福島県連会津若松…

  9. 九州ブロック大会 登録期間再延長(10/19迄)

PAGE TOP