注目の記事 PICK UP!

沖縄交流事業【岩国錦帯橋空港-那覇空港航路 利用促進PR活動】(山口県連岩国YEG)

 山口県連岩国商工会議所青年部(以下、岩国YEG)は令和2年1月25日(土)、沖縄県の那覇空港において、岩国錦帯橋空港~那覇空港の定期航路利活用促進に向けたPR活動を行いました。
岩国YEGメンバー17名と事務局、そして岩国市職員も参加し、市の観光パンフレットの配布や、地元が誇る五蔵の地酒の試飲を行い、市の魅力発信や空港利用を呼びかけました。

 このPR活動は、岩国YEGの沖縄交流事業のメイン企画として行ったもので、観光推進委員会メンバーを中心に準備・設営し、那覇空港内のイベントスペースで午前と午後に分かれて行いました。最初は来場者もまばらでしたが昼前には大盛況に変わり、全国でも有数の酒どころ岩国が誇る「雁木」「五橋」「金冠黒松」「金雀」「獺祭」の紹介や試飲、岩国市の観光PR、岩国錦帯橋空港利用料の一部を市が助成する制度の紹介など、地域の魅力や取組みをメンバー全員で一生懸命紹介しました。PRブースを訪れた方々からは岩国市が誇る国の名勝「錦帯橋」を見てみたいという声も多く、また五蔵の地酒に関しても好評いただきました。

 1日平均5万人以上が利用する那覇空港。当日は沖縄県民だけでなく日本全国の方と交流を行いました。また、普段あまり気づくことが出来ない外から見た地域の印象や課題点などもそれぞれが再発見する事となりました。参加したメンバーにとって今後の活動の糧となる貴重な経験となりました。

 なお、岩国YEGは平成28年度から沖縄YEGと単会交流を始めています。ほぼ同人口で共に米軍基地のある街であり、広島東洋カープのキャンプ地である沖縄市に対し、同2軍練習球場がある岩国市、といった共通点が多い両市。お互いの祭や周年事業に行き来するなど友好関係を続けています。本事業でも沖縄市で単会同士の懇親会を行い、今後は商業的にも繋げていけたらと友好の絆を更に深めています。

なお、岩国YEGの沖縄でのPR活動は地元紙に取り上げられております。


<岩国YEG観光推進委員会 高嶋委員長より>
 遠隔地での事業ということで不安もありましたが、参加メンバーの協力により、良い地域PRが出来たと感じております。また、数年に渡り継続して交流のある沖縄YEGのメンバーとも懇親を深めることが出来、お互いの理解が更に深まりました。岩国のメンバー同士も行動を共にすることで「親睦」の意味でも大きな成果がありました。
 今後、この事業が実を結び沖縄から岩国への利用者が増加すること、岩国のメンバーが体感した沖縄の良さを伝えることで岩国~那覇航路の利用促進に繋がる事を確信しております。



関連記事

  1. 政策提言勉強会「郷創塾」ネット配信URLのご案内(12/14開催)

  2. 奈良YEGと意見交換

  3. 「第36回 四国ブロック大会 吉野川大会」開催

  4. 日本YEG第278回役員会報告書

  5. 近畿ブロック大会登録締切迫る(8/23迄)

  6. 市長へ提言「BUYLOCALでシフト20億円!」和歌山YEGの挑戦

  7. 2019年度日本YEG役員予定者(候補者)会議

  8. 中国ブロック大会登録開始(8/31迄)

  9. 「第39回 九州ブロック大会 こばやし元年祭」開催

PAGE TOP