注目の記事 PICK UP!

会員数が5倍に増えた3つのコツ

女性経営者の発想を活かしてメンバー全員が楽しく会員拡大
会員数19人から100人へ(茂原YEG)

 

東京から電車や車で1時間ちょっとのところにある千葉県茂原市。人口は87,635人(2019年6月1日)と人口減少が見えてきたまち。事業所数は平成28年度経済センサスの調査によると3,303事業所(千葉県内17位)となっており、7年前と比較すると400事業所ほど減っています。

「入会時は、女性会員は2人。YEGメンバーは全部で19人でした。」

茂原YEG内山美代志会長が当時を振り返ります。

「事情があり、入会して半年の私に副委員長をやってくれと年度途中に依頼がありました。子供も小さく時間もないので、無理だとお断りしました。しかし、新年会の担当だけでいいからと何度も説得されしぶしぶ受けることに。新年会だけとの話だったにもかかわらず、9月に就任して10月の例会も担当して欲しいと依頼されました。前年度は婚活を行ったのですが、1か月ではさすがに婚活事業は無理だと同じように青天霹靂で委員長になった保川謙一さん(2019年度茂原YEG監事)が言っていただき、期間内にできることをと生まれたのが経営女子会でした。」

経営女子会は女性会員を増やすことを目的とした事業。主にfacebookによる呼びかけで女性の経営者、会社役員であるYEGメンバーの奥様といったメンバーを集めお茶会を行いました。子育てとの両立をどうするかなどの相談事を中心として、7人~8人くらいでスタートしました。

「女性は、つきあいでは絶対に入会しません。メリットを感じないと入ってくれません。ただ一度入会すると、参加頻度は少ないかもしれませんが、幽霊部員になりにくいのも特徴です。」

と内山会長は女性会員の特徴を説明します。

時には3人くらいの参加人数になり存続が危ぶまれたこともあった経営女子会。現在では年に3回、26人くらいの参加者に成長。茂原市の女性経営者が集まる中心的な存在となりました。

経営女子会で培った「メリットをしっかりと感じてもらう」であったり「自分も楽しんでいることを相手にも伝える」というノウハウを活用し「1人が1人の仲間を作ろう」と会全体で会員数拡大取り組みました。結果会員数は19人から100人の会員数となりました。

「茂原YEGのメンバーはとにかくかっこいい。ついていきたい」と茂原YEG入会1年目の七夕委員会御園敏之委員長は話します。

「会員が急に増えていることもあって、今後はYEGにいかに定着してもらうかが課題です。新入会員のオリエンテーションも少しアレンジして参加率の向上にも取り組んでいきます」と新沢弘樹直前会長。

新入会員オリエンテーション担当の齋藤幸介会員スクラム委員会委員長は、「今年度の新入会員のためのオリエンテーションは、YEG同士のビジネスのつながりが意識できるようにそれぞれの仕事をプレゼンしてもらいました。やはり書類だけでなく、話を聞くことでリアル感が変わって、よりビジネスでつながりやすくなるなと感じました。新鮮でとても面白かった」

茂原流会員拡大の3つのコツ

・つきあいを全面に出さず入会メリットをしっかり伝える
・しっかりと楽しく活動
・ひとりがひとり連れてくるといった自分ごと化

「女性経営者の友達を増やしたい」と入会した内山会長。「今後は全国に友達を増やしていきたいです。例えば子育てや、七夕まつりといったテーマで全国の人と情報交換ができたら」と話していました。

今回は日本YEG会長の単会訪問として足を運び、茂原商工会議所 専務理事 関屋勉様を表敬し、内山美代志会長をはじめ茂原YEGの皆様と懇談・意見交換させて頂きました。

茂原YEGは、今年で65回目となる「茂原七夕まつり」の中心的な役割を担われており、今日からはじまる平塚の七夕まつりを通して平塚YEGとの情報交換もされています。茂原七夕まつりは半世紀以上の歴史を持つ、茂原の夏の風物詩であり、まつり期間中はいたるところに七夕飾りがあふれ、街中がお祭りムードに沸きかえります。

公式ホームページはこちら

 

 

関連記事

  1. 【メディア掲載】関商工会議所青年部がアートとものづくりで高校生とコラボ(岐阜県連関YEG)

  2. 「翔生塾」開催(埼玉県さいたま市)

  3. 「Bizサポyegセミナー」開催

  4. 国際ビジネス交流事業「Next age, the future of YEG in TAIWAN 3…

  5. 関東ブロック春の会長会議開催 (茨城県ひたちなか市)

  6. 繁盛EXPO Yモール(愛媛県連松山YEG)

  7. 第17回BPC「事業計画作成基礎講座」動画公開

  8. 日本YEG第281回役員会

  9. 砺波YEG「となみらいフェス2019~花とひかりのアート~」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP