注目の記事 PICK UP!

11月11日「YEGの日」

皆さん、「YEGの日」をご存知ですか?

YEGの日とは、11月11日を「YEGの日」と定め、同一日(またはその近日)に各単会が、それぞれの単会の事業を行い、YEGブランドを積極的にメディア等へ外部発信することによりYEGの存在感を高め、地域の時代を担う必要不可欠な存在としてのYEGブランドの確立により、単会での会員増強や会員の帰属意識・連帯感の高揚にも繋がっていくと期待し、平成24年度に制定されました。さらに、平成28年度には、一般社団法人日本記念日協会に記念日登録も行われております。

「YEGの日」
日本商工会議所青年部が制定。「YEG」とは商工会議所青年部の英語名(YOUNG ENTREPRENEURS GROUP)の頭文字をとったものであり、同時にそのコンセプトである若さ(YOUTH)、情熱(ENERGY)、広い視野(GENERALIST)を持った経営者を意味し、その活動の発展が目的。日付は全国組織の日本商工会議所青年部が誕生するきっかけとなった「商工会議所青年部第一回全国大会」が1981年11月11日に開催されたことから。

出展:記念日協会認定記念日(11月11日)|一般社団法人 日本記念日協会

遡ること昭和56年11月11日、群馬県前橋市で「全国商工会議所青年部連合会第1回全国大会」が開催され、同大会での緊急動議により、全国組織としての日本YEGが誕生しました。この事から11月11日が「YEGの日」と定められています。

制定された経緯については、過去からのブロック会長会議において「YEGを意思付ける目的でYEGの日を制定してみては?」「その日は全国の単会が一斉に思い思いの事業を実施してみては?」「1年に1回で良いので日本全国のYEGメンバーが例会をするような日を制定してほしい!」「YEGの日があると連帯感が生まれる」等、様々な要望があげられた事を踏まえ、YEG活動を通じて存在感を伝えることの必要性、周囲から信頼されるYEGの真の価値の必要性等の観点から制定されるに至りました。

YEGブランドを発信することにより、単会での会員増強ならびにメンバー間の連帯意識の向上、さらには全国のメンバーのYEGへの帰属意識の向上、事業展開を図ることにより、地域から日本から必要とされるYEGの創出、日本YEGと全国単会の飛躍を実現することが「YEGの日」制定の目的です。

「YEGの日」に全国のYEGが特色あるイベントを開催することで、YEGブランド・認知度向上や、YEGメンバーの帰属意識・連帯感の高揚を図ってきました。

令和元年度も「YEGの日」を通してYEGブランドを内外に知ってもらうよう、「YEGの日」として事業を行っている単会や県連・ブロック内の事業を発信致します。

関連記事

  1. 第3回フォトロゲイニング瀬戸2019 ~火のまち、土のまちを駆けめぐれ!~  (愛知県連 瀬戸商工会…

  2. 北海道ブロック春の会長会議開催(北海道美幌町)

  3. 【後援事業】全国サッカー大会 チーム登録期限延期(5/9 16:00迄)

  4. 「海外都市事例から学ぶ豊かな街づくり」事業(三重県連四日市YEG)

  5. 日本YEG第279回役員会

  6. 福井県敦賀YEGと意見交換

  7. 北陸信越ブロック大会 登録締切迫る(9/27迄)

  8. 「つやまビジネスEXPO 2019」開催(岡山県連津山YEG)

  9. スマコレランドまつやま 2019(愛媛県連松山YEG)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP