注目の記事 PICK UP!

全国大会「ふじのくに静岡ぬまづ大会」 感染防止策徹底について


2月19日から始まる第39回全国大会「ふじのくに静岡ぬまづ大会」の実行委員会が、大会期間中の新型コロナウイルス感染防止に向けて、スタッフのマスク着用や会場入り口のアルコールスプレーの配置など、ウイルス対策を徹底するとして2月14日発行の静岡新聞に掲載されています。

掲載|静岡新聞(2月14日)


新型コロナウィルスがアジアで猛威をふるいつつあります。体調管理にお気をつけください。記事にもなりましたが、全国大会に参加される皆様に再度お願いです。

①熱があるかな?疲れすぎて体調が悪い、怒りっぽい、いつもと体調が違うなどの違和感がありましたら、病院で診てもらってください。
②大会期間中、マスクは必ず着用してください。
③アルコールなどによる手指消毒は必ずこまめに行ってください。お酒を飲んでも消毒にはなりません。
④マスクは各自多めに持参ください。

皆様におかれては、風邪や季節性インフルエンザ対策と同様にお一人お一人の咳エチケットや手洗いなどの実施がとても重要です。感染症対策に努めていただくようお願いいたします。

新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省)

咳エチケット(厚生労働省)

関連記事

  1. 【メディア掲載】国際ビジネス交流事業 in TAIWAN

  2. 令和3年度 日本YEG「第41回全国大会」開催候補地現地視察

  3. 第39回全国大会「ふじのくに静岡ぬまづ大会」開催

  4. 四国ブロック大会登録受付中(8/30迄)

  5. 市長へ提言「BUYLOCALでシフト20億円!」和歌山YEGの挑戦

  6. 東北ブロック春の会長会議開催(秋田県大仙市)

  7. 故郷の新しい風会議(燕・仙台)登録期間延長

  8. 8月17日開催「翔生塾」のネット配信のご案内

  9. 未来創造プロジェクト事業「第6回 みらぷろ」開催(静岡県連島田YEG)

PAGE TOP