第3回まつえランド ~水都の秋まつり~ 松江YEG

松江YEGでは今年3回目となる、松江の中心市街地全体を舞台とした
『まつえランド~水都の秋まつり』を開催しました。

まつえランドFacebookページ
https://www.facebook.com/まつえランド-622349251201555/

【事業の動機、目的、狙い】
『まつえランド』とは、主に既存商店街振興により、松江の中心市街地が活性化することを目的として松江YEGが立ち上げた事業です。
松江市内の商店街・大型店舗・地域団体が各々企画して行っている既存のイベントの開催日を集約し、連繋させることにより、あたかも松江の中心市街地全体でひとつの大規模な祭りが開催されているような雰囲気を創出し、賑わいや集約による様々な相乗効果を生み出すことを狙いとしています。

松江市内の中心市街地の商店街には、かつてのような賑わいを失っている所もあります。またそれぞれの商店街は街路単位で完結する形で市内に散在しており、市民や観光客が周遊する動機やきっかけというものはほとんどありませんでした。
そして、我々の世代が子供の頃に感じたまちなかでの活気、楽しい思い出といった、郷土への愛着の醸成に繋がる機会も少なくなってきていると感じます。
このような地方都市の中心市街地が抱える課題を解決する手段の一つとして、この事業を立ち上げました。
『まつえランド』は、まちなかに再び人を呼び戻し、中心市街地の広い範囲に市民・観光客の周遊を生み経済的な活性化を促すと共に、次代への先導者たるYEGとして、未来の地域を担う人材の定着を見据えた事業でもあります。
『まつえランド』には、新しい「おまつり」文化の創造により郷土愛~「まつえ愛」~を育んでいきたいという松江YEGメンバーの想いが込められています。
郷土への愛着は必ずや、若者や子供たちなど地域経済の将来を担う世代が「松江に住み続けたい」、「松江で仕事がしたい」という希望に繋がっていくという信念をもって取り組んでいます。

【事業概要】
(日時)2017/10/7(土)~9(月・祝)
松江市内の5商店街をメインに市内各所で3日間同時に行うイベント
(参加商店街)
・松江学園通り商店街 :学園キッズパーク
・南殿町商店会 :カラコロ秋祭り・おでんランド
・タテ町商店街 :ノスタルジック タテ町 手仕事マーケット
・京店商店街 :カラコロ秋祭り 肉料理オブ・ザ・ワールド
・天神町商店街 :イス-1グランプリex
(参加大型店舗・企業)
・一畑百貨店
・イオン松江ショッピングセンター、イオンリテール株式会社
・JR西日本山陰開発(シャミネ松江店)
・西日本旅客鉄道株式会社(JR松江駅)
※上記大型店舗・企業による「まつえ えきまえマルシェ」の開催
(参加団体)
・国土交通省(ミズベリング縁):仲秋の嫁が島(嫁が島への渡船、嫁が島での湖上茶会)
:カヌー、SUP体験
:オープンカフェ
・松江市 :宍道湖・大橋川渡船、松江水燈路
・島根大学:大学祭 淞風祭
・松江YEG :おでんランド 山口(長州)おでん・小浜鯖おでん・東京北区おでん・市内飲食店によるオリジナルおでん販売・松江YEGによる松江おどん販売
【周遊を促す手法】
各所を周遊するためにスタンプラリーを行い、各会場を巡ってスタンプを集めると豪華賞品もゲットできる「まつえご縁あつめフレンドランド3」も行いました。当該事業は中心市街地活性化の他にも、松江に暮らす子どもたちに地域での楽しい幼少期の思い出を作ってもらい、「大きくなっっても地元松江に住み続けたい、進学で県外に出るが、いつかは松江で暮らしたい」といった地域への誇りや愛着を持ってもらいたい、という想いで行っています。

【集約の効果】
同時多発的にまち全体を舞台にイベントを仕掛け、イベントの規模を拡大することによって発信力の強い広報活動が可能となります。そして各商店街・大型店舗・地域団体がお互いに情報を共有し連携することにより効率的にイベントが展開され、来場者数など様々な面で相乗効果が生まれました。

【広報、告知の工夫】
告知としては『いかに無料で幅広く』をポイントとして行いました。市報や地元新聞社事前に記事にしていただき、当日もメディア各社から取材をいただき、テレビやラジオでその様子を放送していただきました。また、告知チラシを松江市全域へ新聞折り込み、また市内小学校全校児童へ配布を行い、子どもが楽しむことの出来るイベントであることをPRしました。

【岩手県大船渡市から感謝のさんま2,000匹無料配布】
松江YEG OBの先輩からのご縁で岩手県大船渡市で水揚げされたサンマ2,000匹を当事業を実施した3日間で松江市民に無料配布を行いました。これは東北震災復興支援に対する大船渡の水産会社からの御礼のサンマということで、岩手県連大船渡YEGの皆様にもご協力いただき、大船渡へ焼き方指導をしていただいたく為に訪問したり、当日の配布作業にもお手伝いに来松いただいたりと、ご縁ができ、会場の集客力アップに繋がりました。

3日間で商店街が賑わい、大いに盛り上がりました。このイベントをきっかけに商店街を歩き商店街のお店を知ってもらうことができ大成功に終わりました。
まだ今年で3回目と若い事業ではありますが、地域に定着する事業へ育てていきたいと思います。
また、事前の多方面へのPRもでき、YEGのPRにもなったと思います。

http://www.m-yeg.com/?page_id=778

参考資料(PDF)

関連記事

  1. YEGPICカーニバル ~皆で破れ!ワールドレコード~ 小浜YEG

  2. 近畿の絆塾 ~提言活動を通じて地域社会に貢献し明るい未来を創造しよう~ 近畿ブロックYEG

  3. フォトロゲイニング瀬戸2017

  4. 愛育の夏祭り 鹿児島YEG

  5. 成長戦略ビジョンフォーラム 輝く夢への成長戦略~リスクからチャンスへ~ 北海道商工会議所青年部連合会…

  6. 地域リーダー親睦バスツアー 富山県商工会議所青年部連合会

  7. みちのくフェスタ! 浜松YEG

  8. 岡山YEG長期ビジョン策定2018-2022 岡山YEG

  9. 夜高事業(高所観覧事業) 砺波YEG

  1. 【重要】福岡・大分豪雨災害に関する日本YEGの対応について
  2. 日本YEG会長吉田大助 会長所信

事務局

〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-5-1
日本商工会議所青年部事務局
(日本商工会議所中小企業振興部内)
TEL:03-3283-7848
FAX:03-3211-4859
PAGE TOP