ガマゴリうどん全国三冠達成! 全国ご当地うどんサミット2017 蒲郡YEG

———————————-
①事業にかける想い、これまでの歩み
———————————-
あなたは愛知県にある蒲郡市をご存知ですか?

人口8万人の蒲郡市は、全国的な知名度もなく、産業衰退と人口減に悩む地方都市です。
我々蒲郡YEGも小さな町の小さな単会。その殻を打ち破る事ができませんでした。
しかし、YEGの同志であれば、誰もがもつ願いがあります。
「愛する郷土の魅力を全国に届けたい。」

何より、自身の閉塞感を打破するため、本気で「考動」する事だけを決め、
特別事業「蒲郡シティセールスプロジェクト」を2012年から開始しました。

一年半の試作を経て、地元特産アサリをつかった「ガマゴリうどん」を開発。
多忙な企業経営の傍ら、週末には全国各地のイベントへ。
包丁すら握ったことのない仲間達が、5年間で111カ140間、汗を流し、声を張り上げ8万食を届けてきました。
その過程で、2013、14年と、ご当地うどん全国大会で二度の優勝。
市内には25の協力店(認定店)がまれ、
開発した土産品は累計20万食、売上8,000万円、県知事賞をうける新名物になりました。
また、2014年から16年の3か年に亘って「全国ご当地うどんサミット」を誘致して、
主催として開催しました。(YEG後援事業)。
この間、新聞186回、テレビ33回、雑誌45回のメディア露出があり広告換算効果は3億7,000万円。
市からも特別功労者表彰をいただき、
自らの手で扉を開き、自らの声で届けられる確かな手応えがありました。
【数値は2013年4月~17年11月の累計】

一方、急激な事業の拡大は、仲間に大きな負担を強いる事になりました。
出展を重ねた大会でも、2015年以降は入賞するも優勝に届かない状態が長く続きました
やがて停滞感が忍び寄り、参加者も少しずつ減っていきました。
「仕事が忙しい。」「予定がある。」「自分一人いなくても変わらない。」「本来、行政の仕事じゃないか。」
理想と現実の間には、いつも高い壁があります。

それでも、言い訳を考えていても、誰かのせいにしていても何も変わりません。
元々、全てを自分達で決断し、自分達の責任で始めたこと。
原点に戻って、力を合わせて何かを勝ち取る事で感じられるものがあるはず。
何より、まだまだ蒲郡を良くしていきたい。
その想いは、決して消えることがありませんでした。

———————————-
平成29年度の事業内容
———————————-
「皆の力を結集して、もう一度、蒲郡を本一にしよう!」

これまでの集大成であり、新たなスタートの地として、
2017年11月18・19に、埼玉県は熊谷市で行われた
「全国ご当地うどんサミット2017 in 熊谷」へエントリーしました。

来場者は二間で10万人。
30地域の出展は、讃岐・稲庭・水沢の本三大うどんはじめ、
前々回・前回と大会二連覇中の北海道に
初の地元開催に燃える熊谷など好敵手揃い。
正真正銘、本最大のご当地うどん大会です。

蒲郡YEGでは、半年前から全委員会に対内キャラバンを行い
大型バスをチャーターして、最高の結果以外は許されない背水の陣を敷きましたが、
初めて訪れる地という事もあり、蒲郡どころか愛知の場すら認知されておらず、
大きな大きなプレッシャーのもとで当を迎えました。

しかし、始まってみれば、ベテランメンバーの経験と
献身的なおもてなしに努める若手メンバーの情熱が融合し、
一人一人のお客様に、心を込めて地域の魅力をアピールするうち、
気づけば目の前には大行列ができていました。
「おいしい!」「おかわり!」「蒲郡覚えたよ。今後家族と行くね!」
グランプリの行方以上に尊い、価値のある言葉もいただきました。

2位に着けた我々でしたが、二目終了後の集計結果、
僅か8票の大接戦を制して、悲願のグランプリを獲得する事ができました!

第1位:ガマゴリうどん(愛知県)1,819票
第2位:熊谷うどん(埼玉県)1,811票
第3位:上州牛の肉釜玉うどん(群馬県)1,610票

———————————-
おわりに
———————————-
平成29年度の蒲郡YEGは、次のスローガンを掲げています。
「地域の活性こそが我らの力になる! ~本気!!馬鹿になる賢さをもって!~」

YEGの仲間で本気を出せば大抵の事は出来る。
本気でするからどんなことでも面白く、楽しくできる。
本気でするから誰かが助けてくれる。
本気な自分を助けてくれた人は本気で助けたくなる。
何かのご縁でYEGに入会し、在籍しているからこそ知り合えた仲間を大切にし、
事業においては、馬鹿になる賢さをもって
思いっきり「馬鹿」をするべき。
そう考えています。

今回の事業で我々が成し遂げたことは、
世間にとって、ほんの些細な出来事かもしれません。
ただ、本気で願い、馬鹿になって行動した我々の手には強い確信が残りました。

8年前の蒲郡YEGは会員数26名、東海ブロックで最も小さな単会でした。
自分を信じ「考動」する事で変わってきた我々には
現在100名を超える仲間がいます。

信頼し合える同志と繋がる団体「THE POWER OF YEG」を
強く、深くく確信できる事業になりました。

https://www.gamagoriyeg.com/

関連記事

  1. 他単会との交流事業「ご縁に感謝!日本のどこでも激しく・楽しくYEG!」 豊田YEG

  2. タピ・ドゥ・フルーとなみ2017 ~20th Annivresary~ 砺波YEG

  3. 十和田湖マラソン大会 十和田YEG

  4. 創立50周年記念事業 砺波から安城へ 会員で繋ぐ255kmリレーマラソン 砺波YEG

  5. 第二回FDAサミット「空路で繋がる!十都市YEG地方創生討論会」春日井YEG

  6. 第3回まつえランド ~水都の秋まつり~ 松江YEG

  7. Fan!Fun! 魅 WALK in 吹田 ~歩いて撮ってポイントGET~ 吹田YEG

  8. 安積疏水サミット 郡山YEG

  9. 愛育の夏祭り 鹿児島YEG

  1. 【重要】福岡・大分豪雨災害に関する日本YEGの対応について
  2. 日本YEG会長吉田大助 会長所信

事務局

〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-5-1
日本商工会議所青年部事務局
(日本商工会議所中小企業振興部内)
TEL:03-3283-7848
FAX:03-3211-4859
PAGE TOP