安積疏水サミット 郡山YEG

「安積疏水サミット」は、平成28年に日本遺産に認定された「未来を拓いた『一本の水路』~大久保利通“最期の夢”と開拓者の軌跡 郡山・猪苗代~」を県内外に広くPRし、日本三大疏水の一つであり、故郷である郡山の発展の礎となった「安積開拓」「安積疏水」について見る・知る・学ぶ機会を創出するべく、平成29年度福島県地域創生総合支援事業の補助金を活用し実施したイベントの総称です。
当事業は大きく分けて、次の3つの事業から構成されています。

◎安積疏水を歩こうチューリップウォーキング
平成29年9月16日(土)開催。一般参加者53名を含む延べ78名が参加。午前は、安積疏水の流れを眺めながら沿線約10kmを実際に歩きました。午後は安積疏水の関連4施設(日本遺産の構成文化財を含む)をバスで見学しました。要所では地域のボランティアの方から歴史や施設の特徴などを解説していただきました。

◎日本遺産「一本の水路」スタンプラリー
平成29年10月1日~31日実施。施設管理者や所有者に許可を頂き、安積開拓・安積疏水の関連9施設(日本遺産の構成文化財を含む)にスタンプを設置。そのうち6箇所以上の施設を巡りスタンプを押印、ご応募いただいた方の中から抽選で記念品を進呈するという企画。117通の応募があり、56名の方に記念品をお送りしました。

◎安積疏水サミット
当事業のメイン事業である「安積疏水サミット」は平成29年11月12日(日)に、日本遺産の構成文化財である開成山公園をメイン会場に実施しました。この事業はさらに、次の3つの事業で構成されています。
●日本三大疏水サミット
午前の部は、明治11年から始まった「安積開拓」で全国から郡山に入植された9藩のYEGにお声がけし、そのうち4単会(久留米・岡山・白河・会津若松)が来郡。郡山YEGで平成5年から7年にかけて入植者が開拓した場所を示すべく市内10箇所に設置した「入植者の碑」を巡りました。
午後の部は、郡山女子大学「芸術館大教室」にて、日本三大疏水である安積疏水・那須疏水・琵琶湖疏水の関係者をお招きし、各疏水の概要や成り立ち、各疏水と地域のつながり、各疏水の今後について鼎談を行いました。質疑応答では、130名ほどの聴講者から多くの質問や意見が寄せられました。
●水風戦
安積疏水とは「水つながり」ということで、同県いわき市発祥の新スポーツ、雪合戦の「雪玉」を「水風船」に代えて行う「水風戦」を開成山公園にて、12チームの参加で実施しました。1チーム4人編成で、老若男女を問わない参加者が水風船に一喜一憂。なお、1位から3位までのチームには賞状ならびに賞品を進呈しました。
●130m巨大海苔巻き作り
安積疏水が完成した明治15年当時の総延長距離130kmにちなみ、安積疏水の水が育んだ郡山のお米「あさか舞」や「鯉」、郡山のブランド野菜である「御前人参」を具材に使用した“郡山ならでは”の海苔巻きを約300名の参加者の皆さんと一緒に作りました。作成後は切り分け、実食しました(保健所の指導で持ち帰りは不可)。
URL
https://www.facebook.com/asakasosuiYEG/

関連記事

  1. 愛育の夏祭り 鹿児島YEG

  2. 鯖江YEG活性事業   ~みんなで鯖江を活性化!もみじ祭りに集合だ!~

  3. 松阪あきんど祭 松阪YEG

  4. 八戸港カッターレース 八戸YEG

  5. Fan!Fun! 魅 WALK in 吹田 ~歩いて撮ってポイントGET~ 吹田YEG

  6. 夜高事業(高所観覧事業) 砺波YEG

  7. みちのくフェスタ! 浜松YEG

  8. みんなの夜の遊園地 渋川YEG

  9. 砺波商工会議所青年部・庄川町商工会青年部連絡協議会 砺波YEG

  1. 【重要】福岡・大分豪雨災害に関する日本YEGの対応について
  2. 日本YEG会長吉田大助 会長所信

事務局

〒100-0005
東京都千代田区丸の内2-5-1
日本商工会議所青年部事務局
(日本商工会議所中小企業振興部内)
TEL:03-3283-7848
FAX:03-3211-4859
PAGE TOP